items Kids

【外食】1歳の子どもと外食する時の6つの持ち物と3つの暇つぶしアイテム

子どもが産まれたら外食に行くのは億劫ですよね。

どんなお店を選んだら良いかや、持ち物から待ち時間の暇つぶしまで不安がいっぱいなママやパパはいませんか?

この記事では「たまには外食に行きたいー!」って思ってるママ・パパの気持ちが楽になる「6つの持ち物と暇つぶしアイテム」をご紹介します!

Aya
娘が1歳になった頃から家族で楽しく食事を楽しんできた私が、外食に便利なアイテムや子どもの暇つぶしアイテムをご紹介します!

選ぶお店と外食での困りごとは…?

ファミリーレストランのようなお子様ランチのあるお店はお子さん大歓迎です!

ファミレスは、子どものための設備が整っていることが多いので安心です。

  • お子さまチェア(椅子)がある
  • おむつ替えシートがある
  • 離乳食やお子さまランチがある
  • お子さまドリンクバーが無料!

また、家族連れの多いお店だと多少子どもが叫んでしまったり、泣いたりしてもあまり気になりません。

逆に静かなお店小さなお店だと自分の子どもの声が目立ってしまい気まずかったです。

子どもと外食する際に困ること

  • 食べられるものが少ない
  • じっと座ってられない
  • ゆっくり食事を楽しめない

下記でおすすめするアイテムを使えば上記の困りごとが解決できます。普段のマザーズバッグにアイテムを加えて外食に出発しましょう!

1歳の子どもと外食するための持ち物6選

当たり前に思うアイテムもあると思いますが、下記を参考にしてみて下さい。具体的な商品も紹介していますが、家にあるものでも十分です。

  • 子ども用スプーン
  • フードカッター
  • エプロン
  • チェアベルト
  • ベビーフード(必要なら)
  • ナイロン袋

スプーン

Aya
金属のスプーンだと冷たくて嫌がるお子さんも居ます!

スプーンはお店に置いあることが多いです。しかし、衛生面が気になったり、お口の大きさに合わなかったりするので、マイスプーンを持っていくと良いです。

特に初めて行くお店はどんなスプーンが置いてあるのか分からないので、使わない場合もあるかも知れませんがバッグに入れておくといいでしょう。

フードカッター

お皿やスプーンは貸してもらえるお店は多いですが、ハサミはなかなかありません。もちろん注文をする際、お店にお願いすれば細かくカットしてもらえます。

しかし、「1cm角に切ってください」など細かく指示するのは申し訳ないですよね。子どもの月齢や歯の生え具合、好みに合わせてカットできるように準備しましょう。

エプロン

エプロンもお店によっては紙エプロンをもらえますが、チクチクして嫌がったり引っ張って破ることが多いです。

せっかくのお洒落な洋服が汚れるとゲンナリしますよね。使い捨てのものでも普段から使っているスタイでもOKです。携帯しやすいエプロンを用意しましょう。

チェアベルト

子ども用のイスが用意されているお店は多いです。しかし、ベルトまで付いているイスが用意されているところはあまりないです。

チェアベルトがあると大人用のイスでも座ることができます。必須ではないですが、じっと座ることが苦手な1歳~2歳くらいまではあると便利です。

ベビーフード

お子様ランチはまだ早いかなー?という月齢のお子さんにはベビーフードを持ち込みましょう。中にはベビーフードを販売しているお店もあります。

私の娘はバナナが大好きなので、持ち込んでうどんなどを頼んで一緒に食べています。

ナイロン袋

持ち込んだ汚れたままのフードカッターやエプロンを入れるためです。また、ベビーフードのゴミや使い捨てエプロンをお店に残して帰るのはマナー違反です

お店の方は「置いて行って下さい」と言ってくれますが、ゴミは持ち帰るようにしておいた方が無難でしょう。

外食先でおすすめの暇つぶしアイテム3選+α

お料理が来るまでの待ち時間、遊び道具なしで1歳の子どもがじっと座っておくことは難しいと思います。親がゆっくり食べるためには、お子さんがゆっくりしてくれないと難しいです。そのために遊び道具を用意してあげましょう。遊び道具を選ぶのに重視した点は、一人で時間を過ごせるという点です。

プッシュポップバブル(終わらない遊び)

このおもちゃを知っていますか?侮ることなかれ。指で押すと気持ちいいんです(笑)気づくとずっとポチポチしています。しかも、裏返すとまたポチポチできます。つまり無限に遊べます。

Aya
ストレス解消にもなる知育玩具です。

布絵本(安心安全な絵本)

お気に入りのキャラクターやお話があればひとりで遊んでくれます。

布絵本なら破れないし、落としても大きな音がしないし、汚れても洗えるので一人で遊ばせていても安心安全です。

ココがポイント

子どもが遊んでいるときに布絵本を落としてしまうことがあります。落下防止のためにストラップを付けるといいですよ。

ストラップは100均のものやおしゃぶりホルダーがあるなら代用可能です。

お絵かきボード

お絵かきボードでお絵かきしてもらうのも効果的です。また、大人が絵を描いて「これはなに?」と問題を出すことにより親子の会話になり、勉強にもなります。

スマホ(最後の砦)

これは最後の手段です。

いつも見ているお気に入りの動画をみせてあげましょう。私はYouTubeプレミアムに加入しているので、娘のお気に入りの動画を端末にオフラインに保存し、いつでもみられるようにしています。

YouTubeの他にNETFLIXなどの動画サービスを利用しているのならそちらをみせても良いです。

1歳の子どもと外食に出発しよう



疲れたママ
子どもが産まれたら、いつから外食に行っていいんですか?

行きたくなった時が行き時です。(せめて赤ちゃんの1ヶ月検診は済ませましょう)
Aya

今回ご紹介した持ち物と暇つぶしアイテムを用意してまずはファミリーレストランへ!子どもと二人が不安であれば旦那さんやご両親と行ってみて下さい。

一度行ってみると意外と大丈夫です。慣れてきたらオシャレなカフェにも行ってみてはどうでしょう?

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Acosmetic

幼稚園教諭免許(実務経験あり)・保育士資格保持。 化粧品検定1級2級を同時取得。 大好きなコスメを”本音でレビューする”をモットーに、美容ブログ『Aの本音コスメ調査』を開設。のちに、当ブログ『Aの日頃のおこない』で育児関連の記事も執筆。 育児の悩みを解決するコツや便利グッズを日々紹介中!一緒におしゃれママを目指しましょう!

-items, Kids