スポンサーリンク

LifeStyle

【今がチャンス!】ジュニアNISAを楽天証券で申請してみた

3か月になった娘👶教育資金を貯める一つの手段としてジュニアNISAを申し込んでみました✨今がチャンスと言われているジュニアNISA。今回は、ジュニアNISAを楽天証券で申請したので、その流れとジュニアNISAについてご紹介したいと思います。

教育資金を学資保険やつみたてNISAで貯めることを考えている方は良かったらこちらもご覧ください😁

こちらもCHECK

【教育資金の考察】学資保険とつみたてNISAのメリット・デメリットをまとめてみました!

子どもが産まれたら考えたいことの一つに教育資金があります。子どもの将来のために少しでも多くのお金を用意してあげたいですよね💰✨私も子どもが産まれる前から約1年間、自分なり ...

続きを見る

この記事はこんな方におすすめ

  • 教育資金の積み立て方法に悩んでいる方😁✨
  • ジュニアNISAを初めて聞いた方👨‍👨‍👧‍👦🌞
  • 楽天証券でジュニアNISAを申請したい方👩‍🏫💨
  • 0~3歳ぐらいのお子さんがいる方💰✨

ジュニアNISAとは

基本的にはNISAつみたてNISAと同じで利益に対して税金が免除される制度ですが、違いは対象が日本在住の0歳~19で、非課税枠が年間80万円まで2023年に廃止される制度ということです。

また、旧制度は原則として子どもが18歳になるまで払い戻しができなかったため、使い勝手が悪く利用者が多くはなかったようです。

そのため2023年12月に廃止が決定しました😅

「制度廃止なら意味ないじゃん!」って思った方!違うんです!ジュニアNISAは今始めるのが熱いのです😍

メモ

口座はお子さんになりますが、実際に運用するのは二等親以内の親族(両親・祖父母など)です。買えるものは、上場株式・投資信託・ETF・REITです。

ジュニアNISAは今がチャンス!

2023年に廃止が決定してしまったジュニアNISA。制度廃止に伴って2024年以降に払い出しができるようになったのです!!

つまり、2023年までは毎年80万円まで投資ができ、2024年からは子どもが18歳になるまで非課税!途中解約しても非課税!となるのです😁

2020年~2023年までで最大320万円非課税で長期間運用できます!しかも資金が必要になったらいつでもお金を引き出せます。

※2024年以降は継続管理勘定という口座に移されるそうです。お子さんが成人したらNISA口座に移すこともできます。

10年以上の投資は元本割れのリスク(積み立てた金額より少なくなること)が少なく、逆に資金が大幅に増える確率が高いです。詐欺みたいな話ですが、15年・20年と積立が無料で非課税でできるのならやるしかないと思いました😁この記事を見ている方の中には、やりたいけど開設が面倒だな~って方が居ると思います。つみたては早くから始める方が断然有利ですよ✨

仮に年5%で運用できたとすると320万円が約600万円になります。利益が280万円になりますが、本来280万円の利益に対して56万円程税金がかかります。しかし、ジュニアNISAなら0円です。

ジュニアNISAのデメリットの一つは、銀行の変更ができないことです。これは、SBI証券か今回ご紹介する楽天証券なら現時点では間違いないはずです😁

 

申請の流れ

ジュニアNISAを楽天証券で申請する際の流れについてご紹介します。親が登録親権者となり、お子さんの口座を作る形になります。

準備物

・家族全員の住民票の写し

・親の本人確認書類

・お子さんのマイナンバーカードもしくは通知カード

※あらかじめお父さんかお母さん(祖父母でも可)も楽天証券の口座を作っておいてください。我が家は二人とも口座をもっています。

①楽天証券のサイト(アプリ)にアクセスし、”ジュニアNISAの開設申込”から必要事項を記入し申請する。

②後日郵送された楽天証券の書類を記入する。

③お子さんのマイナンバーカード・登録親権者(親)の本人確認書類・住民票の写しをコピーし、封筒に入れ、ポストにIN。

以上です🤣

実際には、ログインIDの案内が到着してからログインをして、1分でできるようなアンケートに答えたら取引が開始できます。

申請から取引開始までトータルで1ヶ月以上かかってしまいました

サイトから申請し、申請書類が届くまでは3日程でした。書類を郵送してからは13日目でやっと書類を受領したというメールがきて、審査を開始。そこから更に4日で口座の設定およびマイナンバーの登録が終了。そこから5日で、ログインIDなどが届きました。更につみたてNISAの税務署審査が9日かかりやっと取引が開始できました。申請から取引開始までトータル34日もかかりましたが、なんとかデビューすることができました😁

ちなみに証券口座に入金する場合、同一名義の銀行からしか入金できません。つまりお子さんの銀行口座がないと始められませんので注意が必要です🙄

楽天証券でジュニアNISA口座を開設するメリット

①国内現物株式に対する売買手数料が0円

②投資信託の取り扱いが2600本以上

月100円から始められる(少額から始められるので私も気軽に始められました🤣)

④10万円から「楽ラップ」が始められる

楽ラップとは

一人ひとりの考え方・ニーズに合わせて銘柄選びや売買・管理をすべてやってくれるサービスです。

何に投資すれば良いかわからない」「勉強してる暇なんてない」「全部任せたい」って人はこの楽ラップを利用して全部プロに丸投げできちゃいます❤

 

まとめ

いかがでしたか?今や教育資金の貯め方の王道と言われ始めたジュニアNISAを楽天証券で始める方法を紹介しました。

ジュニアNISAは、子どもへの相続税対策にもなります。

前回紹介したつみたてNISAは、成人するまでにかかる学費などの費用に。

今回のジュニアNISAは、本人が必要と思ったときに引き出せるもしもの時の資金として残せます。

この記事を読んで少しでも教育資金や投資に興味をもってもらえたらいいと思います😁

最後までご覧いただきありがとうございました✨

 

こちらもCHECK

【教育資金の考察】学資保険とつみたてNISAのメリット・デメリットをまとめてみました!

子どもが産まれたら考えたいことの一つに教育資金があります。子どもの将来のために少しでも多くのお金を用意してあげたいですよね💰✨私も子どもが産まれる前から約1年間、自分なり ...

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Acosmetic

幼稚園教諭免許(実務経験あり)・保育士資格保持。 化粧品検定1級2級を同時取得。 大好きなコスメを”本音でレビューする”をモットーに、美容ブログ『Aの本音コスメ調査』を開設。のちに、当ブログ『Aの日頃のおこない』で育児関連の記事も執筆。 育児グッズやコスメを本音でレビューしています。一緒に素敵なライフスタイルを目指しましょう!

-LifeStyle

Copyright© Aの日頃のおこない , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.